2017年10月19日

介護職の人手不足 その実態



介護職が足りていない、というニュース

介護職の人材不足はかねてより言われていたのですが、ここまでとは

という危機感を覚えずにいられない記事。



相模原市を例に

人口は約73万人、高齢化率は約25%。在宅の要支援・要介護者は2万人弱います。


そこに医師は約1,700人、看護師は4,000人、そしてホームヘルパーは、というと850人しか居ないというのです。



もうダメかもわからんね。  


Posted by こもれび屋  at 08:58Comments(0)ニュース福祉ニュース

2017年10月18日

尊厳



スパゲッティ症候群という言葉がある。

美味しそうな名前と裏腹に非常に重い話なのだが、終末医療の現場で全身をチューブで繋がれながら生きながらえさせられている姿、それがまるで絡み合ったパスタのように見えることから付けられた名前である。



医療の進歩によってそれまでは亡くなっていた人を存命させることが可能になってきた。

それはもちろん素晴らしいことなのだろう。


ただ、それも行き過ぎると素直に喜べない状況というものが出てくる。


例えば脳死。

その昔、心臓が止まったら人は死んでいた。

送り届けるポンプである心臓が止まってしまえば当然に人は死んでいたし、心臓を制御する脳が死んでしまってもやっぱり人は死んでいた。


しかし人工心肺というものが出来た。


脳細胞が死んでしまっていても、血液を体内に循環させることができるようになった。
言い換えれば脳波が止まってしまっても身体だけは生かせることができるようになった。

まゆつばものだが首から上を切り取っても生かしておける、と言う医師もいるそうだ。


回復の可能性がある植物状態とは違い、脳死には回復の可能性はない。

(そこまでして生かしておくべきなのか)という思いはどうしても浮かんでくる。


スパゲッティ症候群にしても同じだ。

(そこまでして生かしておくべきなのか)

という気持ち。



時に酷い苦痛を伴う延命措置。
年金などの関係で少しでも長く生かしてください。
といいながら、見舞いにもこない親族。



せめて延命措置を希望するか否か

当人が決められるといいな、と思います。  


Posted by こもれび屋  at 08:51Comments(0)

2017年10月06日

助長



フジテレビのバイキングという番組に小林旭が出演してラスベガスの銃乱射事件について言った。



「赤ん坊をひねくってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああいうことする人間っていうのは、バカかキチガイしかいないよ!」


その後榎並大二郎アナウンサーが深刻な表情で

「先ほどの議論の中で、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました」

と番組内で謝罪をしたわけなのだがちょっと待て。

その謝罪の仕方だと

「キチガイ」という言葉は精神障害の人に対して使われる差別用語だ


ということになってしまう。


慌てていたのか知らないけれど、謝罪になってないよ。つかむしろ謝罪の内容に対して謝罪しろ。



「蚤の市」というエントリーでも書いたのだけれど、言葉には実態に近い言葉選びをすることで実態そのものがより周囲に正しく理解されやすくなるという側面はあると思う。


そういった意味からも、人への理解を拒む「キチガイ」なんて言葉は差別用語として消えていくべきだけれど、(言葉だけでなく人の気持ちを変えていかなくては意味がないな。そのためには過不足のない理解が必要だよなぁ)と、榎本アナの慌てぶりを見て思うのでした。  


Posted by こもれび屋  at 08:48Comments(0)ニュース

2017年09月28日

紳士

世界には痛ましい事件があふれていて日々心を痛めているのですが、またしても悲しい事件が起きてしまいました。




江東区辰巳1丁目の辰巳の森緑道公園を歩いていた女性が、背後から何者かに「何か落としましたよ」と声をかけられ、振り向いたところ、帽子をかぶっただけのすっぽんぽんの男が立っていた




お前は帽子以外全部落としてるよ!!

といった感のあるこの事件。


メガネと帽子で他全裸。

情報はこれだけで、ニュースソースとしては不完全ですね。


そう。

どんな帽子だったのか?



という肝心の情報がないことにはいかんとも評価しがたいです。



シルクハットだったら紳士だし、


テンガロンハットならワイルドだし、



ソンブレロだったらやっぱり陽気なイメージになるわけです。


ひとを見た目で判断してはいけません。


子供の頃からそう教わってきました。



今でも人を見た目で判断してはいけないよね!って、思います。



でもこのような、見た目で判断してくれ!!!


という人に対しては、見た目通りに判断するのが礼儀というものではないでしょうか。



そうだね。変態だね。


  


Posted by こもれび屋  at 08:48Comments(0)ニュース痛ましい事件

2017年09月27日

自分を変えられない苦悩



うつについて東京医療学院大学の教授が書いたコラムが印象深かったのでご紹介。


特に


だから、うつとその患者について「遺(のこ)される者に済まないと思うなら、踏みとどまる望みもある。死ぬ覚悟を転じればいくらでも出直せるはずだ」などと書いた朝日新聞のコラム「天声人語」(2013年1月22日付)は、うつへの理解も情けもない暴論である。それが「天の声」のはずがない。悩む心や考え方を変えたいと一番願っているのは本人である。それができない苦悩を理解しなければ人を救うことはできない。



というあたり、「健康な側からの感覚」で共感どころか理解すらないままに言葉をふるっていないか「天声人語」になってしまっていないかを常に振り返る必要がある。




自分を疑わずに思ったことをそのまま口にすることは楽なことだ。



でもそれは、理解からは遠い。

ましてや共感からなどほど遠い。
  


Posted by こもれび屋  at 08:48Comments(2)福祉

2017年09月20日

対等



以前『注文を間違える料理店』という記事を書きましたが、その企画について実際に参加をされた方のブログを読んで心に留めておきたいことがあったので書きます。


内容については一読頂くとして、琴線に触れたのはこの一言


『寛容さから自然さ』へ


イベントの締めとして語られたメッセージなのですが、これってとても大切なことだと思うのです。


許容寛容ももちろんとても大切なことなのですが、それはまだ「自然」ではないんですね。


上下関係、そこまで言わずとも強者と弱者、介護や支援をする側とされる側にはともすればそういった側面が顔を出してしまうことがあります。

ステラ・ヤング女史の講演にも通じますが、本当の意味で「対等だ」と言える関係を築くためには当然に相手を下に見ないことが必要です。

相手を許容している

相手を寛容している

これらは差別に比べればとても弱いものではあるのですが、

相手に許しを与えている


という一点で対等にはなりきれていません。


自然に、対等に

そこまでなっていかなくてはいけないな、と思います。
  


Posted by こもれび屋  at 08:53Comments(0)語り

2017年08月31日

こども食堂



こども食堂という取り組みをご存じだろうか?

こどもが地域で居場所を無くしている気はしていた。

学校と、家庭の間、必ずしもその2つに歴とした居場所を見つけられるこどもばかりではない。
そんなこどもが、ここにいていいんだ、と地域で安心してただ居ることのできる場所、

そんな場所は自分が子どもだったころよりも、きっと減っていると思う。


こどもの数が減ったことが関係しているのだろうか。

昔は駄菓子屋がその役割の一端を担っていたと思う。


けれどそんな場所は今、確実に減ってきている。
コンビニは居場所としては弱いし、こどもがこどものまま居ていい場所って実はそんなにない。


そんな心配を持っていて、何かしたいと思っている人はたくさんいたのだろう。

今そんなこどもの居場所をつくろうという取り組みがあちこちで行われつつある。


「子どもはしらふで生きている。すごいよね」という重松清の言葉を思う。

こどもがこどもらしく居られる世界、

手の届く範囲だけでも、そんな世界を作りたいと思う。


こどもがこどもらしく居られないというのは、とても悲しいことだと思う。
  


Posted by こもれび屋  at 08:50Comments(0)井戸端会議

2017年08月09日

見栄

世界には痛ましい事件があふれていて日々心を痛めているのですが、またしても悲しい事件が起きてしまいました。


股間にペットボトルを入れて女子中学生を激しく羞恥させた57歳無職、というニュース。



もちろん非常にけしからんニュースなわけですが、ポイントはやはり500ml(多分)のペットボトルだった、という点にあると思うのですね。


これが例えば2Lのペットボトルだったら

あまり卑猥ではない気がしますしね。


けれど、股間にペットボトルを入れるという行為だけが犯罪なのだとしたら、女性の方が胸にパッドを入れている行為もまた犯罪だということになりかねないので、やはりポイントは、股間を必要以上に巨大に見せかけた、という点にあるのではないでしょうか。


つまり、オロナミンCなら大丈夫だった。






あまり見栄をはるものではないですね。  


Posted by こもれび屋  at 08:50Comments(0)ニュース痛ましい事件

2017年07月13日

強制性交等罪

110年ぶりに性犯罪に関する刑法が改正された、というニュース。


性犯罪を厳罰化する改正刑法が13日、施行された。今の刑法が制定された1907年以来、110年ぶりに、性犯罪に関する規定が大幅に見直された。
改正刑法は、6月16日の参議院本会議で全会一致で可決・成立し、13日、施行された。
強姦(ごうかん)罪の名称を「強制性交等罪」に変更し、法定刑の下限を懲役3年から殺人と同等の5年に引き上げ、女性に限られていた被害者に男性も含めた。
起訴するのに被害者の告訴が必要な「親告罪」の規定は撤廃した。
また、親などの「監護者」が18歳未満の者に性的行為をすれば、暴行や脅迫がなくても罰する規定を設けた。



強姦罪が男性にしか適用されない罪とは知りませんでした。

ジェンダーフリーが叫ばれてもうずいぶん経ちますが、LGBTをはじめとする個性をどう法の枠組みの中で汲み上げていくのか



最終的には人権を侵害していないのか、といったところに行きつくのだろうと思います。  


2017年07月06日

七夕





アニメやゲームの世界でよく使われる言葉に「公式」というものがあります。

これは文字通り、その原作、続編、スピンオフも含めた一時製作側から提示された情報全てのことを指すわけですが、美っちゃんの活躍の場はミマツチラシなわけで当然ミマツのチラシが「公式」にあたるわけなのです。


何が言いたいのかというと、

「公式が認めてしまったらそれは事実として固定され、空想や希望の入り込む余地が無くなる」

ということなのですね。


例えばミマツチラシ上において美っちゃんが2児の母、ということになったとしたら、それはもう「公式」であり覆らない事実として認定されるわけなのです。



そこで今日のミマツチラシ。
表面を見たときに織姫美っちゃん。


素晴らしいですね。





でもですよ、ここで裏面を見て「松っちゃん」とかいう男が彦星役をしていたとしたら!


それはもう「公式」として「美っちゃん♡松っちゃん」だと覆らない事実として認められてしまうわけなのです。

怖い、裏を見るのが怖い。




でも公式がそんなことをするわけがない、と信じてめくったところ、





ハーッハッハ!勝ったな。
  


Posted by こもれび屋  at 08:45Comments(0)スーパーミマツ美松チラシ